実務者研修も終盤です!

みなさんこんにちわ。

日翔会は「働きながら資格取得」ができるサポート体制が整っています。

介護の仕事を始めて1年目には「初任者研修」を受講し、その後2~3年目に「実務者研修」を受講、そして介護福祉士国家試験受験ができるように法人では仕組みを作っています。

現在は、介護福祉士実務者研修を行っています。

その様子をお伝えしますね。

研修も終盤になり、本日は介護過程Ⅲの実技演習2回目を行いました。

演習内容は介護福祉士実技試験の過去問から課題を出します。

1実務者研修

本日の演習課題は「ケアプランに沿った褥瘡予防と安楽な姿勢」をポイントに行いました。褥瘡予防にはどういった関わり方が必要なのか、グループで話し合い演習の流れを組み立てます。

経験3年目になると声掛けはもちろん、観察のポイントが良く理解できており

安心して介助を任せることができます。

介護過程Ⅲでは、介護計画書を立てるまでの情報収集や立案方法、カンファレンス方法を学び、実技では介護福祉士国家試験に相当する実技試験を行います。

この資格を修了すると介護福祉国家試験では学科のみ受験し実技試験は免除されます。

次回はいよいよ実技試験です。みなさんそれぞれの配属事業所でしっかり練習して試験に臨んでくれるでしょう!

by村上