グループホームでインターンシップ

7月2日、関西福祉大学の学生さんがインターンシップに来てくれました。

グループホームは見学だけをしたことがあり、実際に利用する高齢者と関わったことがないので

認知症高齢者とのかかわりを学びたいという希望があり、とても楽しみだったようです。

実際に体験し、「認知症の方が何度も同じことを言われた時の対応に困っていたとき、職員がその都度対応していたことにすごいと思った」「ありがとう」と言う言葉やいろいろな話をするときに、たくさんの笑顔をもらえたことがやりがいに感じたと話してくれました。

指導した職員は「しっかりメモを取って積極的に話しかけているなど学ぶ姿勢がよかった」と話していました。

素敵な笑顔の学生さん、お疲れ様でした。