高校生インターンシップin米子

夏休みになり高校生のインターンシップ予約が目白押しです。

8月9日、10日の両日は、米子つつじに来ていただきました!

グループホームとデーサービスで、認知症の方とのかかわり方を学びたいと言う

米子高校と岩美高校の生徒さん。

福祉用具を使っての体験では、黒豆をつかむために、一般に市販されているお箸と、自助具を使いくらべてみました。

道具が工夫されていることに感動したようです。

アルクつつじでは、浴衣を着た職員もいて、納涼ビアホールをしていました。

ノンアルコールのビールも用意されお客様はとても嬉しそう☆

いつもはバイキングの納涼ビアホールですが、

今年はワンプレートに盛り合わせてありました。

お客様と一緒に食卓を囲み、話が弾んでいました。

高校生のインターンシップはお盆過ぎまで続きます。

学生のインターンシップは9月中も行います。