看護職

看護職とは

お客様の変化に気づき、生活を守ることを第一に担っています。


看護職

利用されるお客様の日々の健康管理全般を主な業務とするほか、状態により点眼、褥瘡(じょくそう)などの処置、経管栄養等の医療行為があります。

また、日常の服薬管理の他、診療の立会い、日中の緊急時対応などを行って頂きます。

また、専門職としての視点から、お客様の食事や入浴といった生活の様々な場面において、誘導や見守りといった介護に携わる業務も行って頂きます。

(夜勤はありませんが、配属事業所によっては、夜間のオンコール対応をして頂く場合があります。)

【看護職のある一日】
8:30
ミーティング
8:45
排便の確認、
9:00
血圧、熱などの再検
9:15
診察の準備
9:30
医師への報告
(診察の人数、お客様の状態)
9:40
診察の補助、記録
次の日の薬の準備
処置、調剤
11:30
経管栄養の準備、室温チェック
12:00
経管栄養 注入
12:30
交代で休憩
14:00
入浴の方の処置
個人カルテの記入
※火曜、木曜はカンファレンスに参加
15:00
血圧、熱などの再検査
16:30
器材の消毒、片付け
ミーティングに参加
17:30
業務終了

看護職インタビュー

入職2年目 渡邊さん

入職2年目 渡邊さん

(鳥取大学医学部卒)

【勤務地】

介護老人保健施設おしどり荘

~仕事の内容を教えてください~
卒業して2年目になりました。お客様の健康管理や医師の診療補助、経管栄養のお客様の注入や病院受診、処置などのルーチンワークをしています。
~日翔会を選んだ理由は?~
介護・福祉に興味があり、説明会での話に興味をひかれました。施設見学をすると、職場の雰囲気も良く、職員同士の声掛けがとても印象的でした。
~今後の目標は?~
内部外部研修に積極的に参加し、自分自身のスキルアップを図りたい。
~一緒に働く仲間にも聞いてみました~
池本・渡邊
~看護師育成で大切にしている事は?~
「いつもと違う」何かをしっかり観察、判断できるようになること。他職種(特に介護職)との連携がしっかりとれてお互いを尊重しあえることですね。

~福祉施設でのやりがいは~
自分の持っている知識、経験を最大限に生かして、観察・的確な判断を行い、お客様の健康管理を行っていくことです。病院と比べて一人一人の看護師の責任が大きいと思いますが、その分やりがいがあります。そして楽しい時間はお客様と一緒に思い切り楽しむこと!施設なので介護職と一緒に行事なども行います。職員も一緒になって“笑いあう”これがやりがいです。