リハビリ職

リハビリ職とは

他職種と協力して、お客様にとってより良い環境を提供します。


リハビリ職

介護老人保健施設では、まだまだ理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の人員が不足しています。

急性期、回復期とは違い重点的にお客様の訓練を行える体制ではありません。

国の方針としても、老健では週2回程度の機能訓練により機能維持を図っていくという体制です。

リハビリ職

だからこそ、私たちリハビリスタッフにとって、他職種と協力してどれだけ機能維持が図れるか、より適切な生活環境や福祉用具の提供ができるかは非常に重要になってきます。

カンファレンスに参加し意見交換をしたり、介護スタッフへ向けて介助方法の勉強会を開いたり、住宅環境を確認したり、ご家族とお話をしたりとできることがたくさんあります。

【リハビリ職のある一日】
8:30
全体ミーティング
リハビリミーティング・準備
9:00
入所・ショートステイのお客様の訓練開始
10:00
通所のお客様・訓練開始
12:00
適時休憩・昼食・評価など
13:00
入所・通所のお客様の訓練
14:00
カンファレンス・委員会・会議等
16:30
全体ミーティング
リハビリミーティング
17:30
終業

リハビリ職インタビュー

入職2年目 秦さん

入職2年目 秦さん

(松江総合医療専門学校卒)

【勤務地】

介護老人保健施設おしどり荘

~仕事の内容を教えてください~
入所・通いの方の生活に必要な動作を一緒に練習したり、そのお手伝いをしています。また楽しみを持っていただくために手芸などの手作業も取り入れています。お客様と地域の行事に参加をすることもあります。また、介護士や看護師、医師、ケアマネージャー、栄養士など様々な職種の方と情報共有を行い、お客様お一人おひとりに合ったリハビリやケアを考え提供しています。
~10年後の自分はどうなっていたいですか?~
多くのお客様の生活に携わり、多様な作業療法を提供出来るセラピストでありたい。
また、専門職の仕事の素晴らしさを伝え仲間を増やしたいと思っています。
~一緒に働く仲間にも聞いてみました~
リハビリ職一緒に働く仲間
~新人の育成で大事にしている事は?~
教育プログラムや、デイリーノート、面接などを行い、できることできないこと、困りごとや悩み、興味がある事などを確認します。一人一人の強み(良い所や得意な事)を活かして働けるよう、個々のペースや想いを考慮しながら育成します。また、訓練だけではなく生活を見て、いろいろな方向から考え気づき積極的に、報告連絡相談ができることを大切にしています。

~今後のリハビリについては~
日翔会をご利用になるお客様は、在宅又は施設で生活される「維持期」の方が主になります。リハビリスタッフは治療だけではなく、お客様の“生活”や“想い”に沿って他職種と協力して動けることが必要です。だからこそ、手技や技術だけではなく、接遇・マナーやチームを引っ張るリーダーシップなどを学び身につけることを大切にしています。そして、その力を日翔会の各エリアに勤務し、発揮できる頼もしい存在になれるように育成をしていきたいと思っています。